ネコまんの気まぐれブログ♪

管理人(ネコまん)の、趣味&日記ブログです。見ていってくださいね!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
part2.チューナー編


<part1で書いた必要そうなもの>
①地デジチューナー ←今回はココの説明
②必要スペックを満たすPC
③HDCP規格に適用したモニター


とまぁ、前回のpart1で書いたもののうち、『チューナー』について解説してみようかなと思う。まず最低限の知識として思い浮かぶものを下に書いてみた。


①地デジチューナーについての導入知識

1.地デジはスカパーなどと一緒でスクランブル化されているので、B-CASカードなるものが必要(ただし正規品を購入するとついてくるため普通は心配不要


2.PC用地デジチューナーといっても、当たり前だが接続方法が色々ある。PC内蔵型は、マザーボード上のPCIで接続するものが多い。現在はPCI Express x1対応のものが多いようである。
 
 しかし大抵の人は『PCI??』となるので、『よくわかんないけど、USBならあるよ?』という人は、外付けのUSB接続のものにすればいいと思う。

3.アナログ放送時代もそうであったように、地デジも、地上放送(普通に見れるやつ)、BS、110度CSとある。もちろんチューナーも『地上放送のみ対応』と『地上・BS・110度CS』対応のものがある。

※CSやケーブルテレビの類は、転送方式が複雑なので、プロバイダーやケーブル会社に確認したほうがいい。対応していない可能性がある。



②実際の機器の紹介

<内蔵型>
相性問題にぶつかったりするので、内蔵型は『自作PC or ショップブランドPCでPCIスロットがあり、多少なりともPCの知識がある人』いいかも



        <地上波専用の内蔵型チューナー>

    ①IODATA            ②バッファロー          ③バッファロー
  『GV-MVP/HS2』         『DT-H50/PCIE』         『DT-H10/PCI』
                

①はCMの自動検出&カット・遠隔録画予約ができる。
②はダブル録画ができる
③は安い

と特徴がある。詳しくは各社のHPを見てほしい。なお①のCM自動検出等については、ココ(Itmediaへのリンク)にレビューがあるので参照されては??
 


    <地上・BS・110度CS用の内蔵型チューナー>

             ①PIXELA                 ②IO-DATA
          『PIX-DT012-PP0』             『GV-MVP/VS』
                   


①は一番最初に3波対応チューナーを出したので、やはり②より安定してるようである。
②は地上波専用のチューナー同様、CMの自動検出&編集・遠隔録画操作ができるが、初の3波対応チューナーであるせいか、ソフトが相性問題を起こす場合があるようである。



<外付け型>
一方外付けのチューナーは、付属CDからドライバやらソフトをインストールして、USBで繋げたらOKだから、比較的簡単で手が出しやすいと思う。

『PCIとか良くわからないけど、USBならあるよ?』って人にお勧めかな?


          <地上波専用の外付けチューナー>

    ①IODATA              ②IODATA              ③バッファロー  
  『GV-MVP/HZ2』           『GV-MACTV』            『DT-H50/U2』
            

①は小型
②はMac用
③は6500円くらいと安い


※『外付けの地上・BS・CS対応のチューナー』は、2009年9月現在、発売されてないっぽいです。



もし役に立ったらクリックしてやってください!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログへ


→『part3.必要スペックについて』へのリンク
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kimagureblogblog.blog77.fc2.com/tb.php/76-93e8486e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。