ネコまんの気まぐれブログ♪

管理人(ネコまん)の、趣味&日記ブログです。見ていってくださいね!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんなに更新しないブログですので、ここを読んでいる人は、おそらくいないでしょう。これどもあえて、『こんにちは』と言いたいです。久しぶりに休みが取れたので、ここ数年を振り返り、自分の中の考えをまとめるために、ここに備忘録として、思いつく限りの内容を書いていこうと思います。


思い返せば、ここ3~4年、毎日全力疾走でした。いや、嘘です。時々怠けていたし、ダラダラとネットサーフィンもしていました。でも、そういう時間もなしに、常に全力で作業を続けることができるかというと、僕には、精神的にも肉体的にも難しく、おそらくこの3~4年間は、『僕のできる最大の全力疾走』だったとおもいます。

人より体力に優れるわけでもありません。ある程度休まないと適当に体調を崩します。実際、一昨年は入院寸前まで体調を崩しました。ただ、おそらく世間の平均よりは頭が回る人間だとは思います。『頭が回る』と言っても、決して『頭の回転が早い』と言われるタイプではなく、回り始めるまである程度時間が掛かるが、『最高回転数はかなり高い』感じのタイプだと自覚しています。

そんな制約の多い条件下で、自分なりの全力疾走を続け、気がつけば地元の公立中学校から、日本トップレベルの大学院を卒業するまでになりました。そして昨年、とある大企業にエンジニアとして入社し、忙しい日々を過ごしています。仕事ですから、ストレスも貯まりますし、不安になることもあります。そんな中、今日たまたま時間ができ、今までを振り返っています。

上の先輩方を見ると、これから仕事が精神的にも、肉体的にも激務化していくことは必須でしょう。そんな中、自分は何をモチベーションに仕事をするのか。はたまた何をモチベーションにして、これからの人生を過ごすのか、あいまいになっている事に気が付きました。

社会人になるにつけて、自分は『社会への貢献』を軸に据えて考えてきました。単にキレイ事が言いたいわけではなく、これは国立大学・大学院と税金のもとで、生活・研究をさせて頂いてきた自分にとって、ある種、期待されていることであり、義務であると感じているからです。また社会機構的にも、税金の投資を受けた人間が、社会に貢献しない世の中であってほしくないという、個人的な考えもあります。

では、『社会貢献』の実現方法として、自分には何ができるのか。これが自分が高校時代から悩んできた内容であり、それに対する答えとして、自分は『工学』を選択したはずだと思います。ならば自分は工学を通して、エンジニアとして社会に貢献するために仕事をしているはずだ。

では、立ち返って現状を思うに、確かに自分は1設計者として、世界的に影響がある企業に務め、自分の出す結果で社会に影響を与える状況下にあります。では、直近の目標は達成され、満足の行く生活をしているということでしょうか。

たしかに日々充実感のもと、仕事をしています。しかし同時に、満たされない感覚、焦燥感、なんとなくの不安感があるのも事実です。これは何に起因するのか。1つは明確で、自分の能力不足に対する不満足感によるものだと思います。もう少し、できることが多ければ、それに応じて、達成感や満足感が生まれると思います。逆にできることが少ないことによる、自分の自分からの期待値との乖離に焦燥感を得ているのではないかとも思います。

ではなんとなくの不安感は何なのか。これは将来のことだと思います。僕は並行して、色々なことをこなせるほど器用ではなく、研究や仕事に、自分のリソースの大半をつぎ込んできました。逆に言うと、僕程度では、つぎ込まないと、これほどの結果は得られなかったと感じています。しかし気がつけば、僕も25歳で、お嫁さんを探し、将来を考えないと行けない歳なのかもしれません。付き合っていた仲間が、世界中を飛び回ったり、必死に研究に打ち込んだり、ベンチャーを起こしたりするような人間が多く、みんな今を生き抜くことに必死で、特段自分が特別だったとは思っていませんでした。

しかし一般企業に務めるようになり、僕とは違い、遊びに仕事に勉強にバランスよく生きてきている仲間を多く持ち、考え方が変わったのかもしれません。

こんな事でも、書きなぐているうちに、なんとなく自分の考えが見えてきた気がするので、今日はこの辺りで・・・

ねこマン
スポンサーサイト
忙しすぎてブログの更新までに手が回らない状況が続いています。
マジで2日に1日は終電状態。しかも朝は9時~

大学院生パないっす!
↓の炊飯器を買いました。象印の『極め炊き NS-LE05-XA』です。
極め炊き NS-LE05-XA




















・一人暮らしの方向きです。つまり3合までのタイプで、コンパクトで場所を取らないようになってます。

・炊飯器は
 ①マイコン
 ②IH
 ③IH圧力
の3タイプありますが、①のタイプになります。ちなみに②は1万円ちょい、③は2万円前後になるようですね。ちなみにこれは7000円くらいでした。


<感想・特徴>
-Good Point-
・結構美味しく炊ける(主観)
・予約炊飯ができる
・外側がステンレスで掃除しやすい
・厚釜
・内蓋が簡単に外せるので、手入れが楽
・計量カップが2つ付いてくる(通常用と無洗米用)
・0.5合単位で炊けるみたい
・5000円クラスのマイコンタイプ炊飯器よりしっかりしている。

-Bad Point-
・特に浮かばない


↓のKOKUYOのRELISH KPS-X80を買ってみた。見たとおりシュレッターです。
KPS-X80S.jpg
※画像の使用等問題があれば、コメント欄からご連絡いただければと思います

1年ぶりにブログをまともに更新しようかと思う。大学院に進学して、やっと時間ができてきた感じ。ひと通り家具・家電を揃えたので、レビューを書いてみる。これから一人暮らしを始める人に、少しでも役に立てば幸いです。


<感想・特徴>

-Good Point-
・シュレッターとしては、とにかく静か。
・デザイン的に、大体のところにおける
・よくある、フニャフニャなケールではなく、割としっかりしている。
・同時に5枚まで裁断可となっている。ただしCD等は不可。
・連続使用時間が10分と、そこそこ長い
・使わないときは、取り込み口に蓋をできるようになっている。さらにゴミ箱部分(?)がしっかりと取り付けられていないと、そもそも電源が入らないようになっている。小さな子どもがいる家庭では、かなりありがたいはず。


-Bad Point-
・ゴミ箱の容量が、やや少ない

以上感想でした。論文読みに戻りますよ~

大学院進学のために関東に引っ越してきました。染み付いた関西弁のため、かなり浮いてます(><)

地震がまだまだ多いですね。日本は、地震の活動期に入ってしまったようなので、ここ数十年はいつ震度6強クラスが来てもいいつもりでいなければいけませんね。

今回の地震は、僕ら工学者に様々なリスクを再考する必要性を示したといえるでしょうね。日本は長らく豊かなので、少し怠慢になってきているのだと感じます。どの分野ももう少し危機感をもって取り組まなければならないのではないでしょうか?・・・

以上ひとりごとでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。